大分のリフォーム・増改築 | あんしんリフォームネットワーク リフォネ大分本店

取扱いメーカー

リクシル、TOTO、ウッドワン、タカラスタンダード、クリナップ

カード決済可能

マスターカード、VISA、楽天カード

営業時間

10:00〜18:00

水曜日定休

お電話でのお問い合わせ

0120-697-006

メールでお問い合わせ

お電話でお問い合わせ

受付:10時〜18時(水曜定休)

メールでお問い合わせ

受付時間:24時間受付

キッチンリフォームガイド

キッチンリフォームを考える時、何から始めたら良いのか、予算はどのくらい必要か、どこのメーカーが良いのか?など何から始めたら良いかわからないものです。
ここでは、キッチンリフォームで失敗しない為の事前に考えておくべきポイントや各メーカーの特徴や最新設備をご紹介します。

キッチンリフォームのイメージ図

キッチンのレイアウトを考える

キッチンのレイアウトはI型、Ⅱ型、L型、アイランド型などがあります。
どのメーカーも様々なバリエーションがあり、自由なコーディネートが可能です。お部屋の広さや形状によっては、向き不向きなレイアウトがありますのアドバイザーにご相談下さい。

I型キッチンの配置例

I型キッチン

シンク、調理台、シンクが一列に並んだ最も一般的なレイアウトです。調理が平行移動で済ませることが出来るので最も基本的な形です。

壁付きI型キッチンは、最も省スペースで設置することができ、価格も他のレイアウトに比べて安価です。
調理中は壁のほうを向いての作業となるので、家族とのコミュニケーションがとりにくく、リビングから調理台が丸見えになるので生活感が出やすくなります。また、家電や食器棚を配置しづらい点もあります。

対面式I型キッチンは、壁付き型と比べると作業通路の確保するためにスペースと造作壁を作成する必要がありますので、壁付き型に比べて値段が上がります。
調理中にリビングの様子が見えてコミュニケーションが取れる点と、背面に家電や食器棚などのスペースが確保できるので、人気のレイアウトです。
キッチンを囲むカウンターを少し高く設置することで調理台が見えにくくなるので、多少物を置いていても気にならずに、スッキリとした印象にできます。

Ⅱ型キッチンの配置例

Ⅱ型キッチン

コンロとシンクを2つに分けて平行に配置したキッチンです。
作業動線が短く、キャビネットの収納スペースと作業スペースをたっぷり取ることが出来ます。
デメリットはシンクとコンロが離れているので、調理の際に通路に水が落ちる点がありますが、ボウルを使ったりマットを敷くなどの工夫で、解決できます。

L型キッチンの配置例

L型キッチン

L型にキッチンを配置するキッチンです。
ワークスペースがL型の分、作業通路の確保と奥行きが必要となりスペースが必要になります。作業動線が短くすみ、2人での作業でも動きやすいレイアウトです。
L時の角の部分がデットスペースとなりやすい問題点がありましたが、最近ではコーナー下のデッドスペースも工夫されている商品もあります。

アイランドキッチンの配置例

アイランドキッチン

キッチンの四方が壁と接していない独立したワークスペースを設けたキッチンです。
高いデザイン性が人気で、どの方向からも作業が出来るので、大人数で調理を行なうパーティーなどで重宝するのが特徴です。
開放的でおしゃれですが、常に片付けていないと目につきます。他のレイアウトからアイランドキッチンへのリフォームの場合、給排水管や換気扇ダクトの延長など大規模な変更が必要になり工事代金に別途費用がかかります。また、キッチン本体の四方全てに化粧仕上げが必要になりますので、他のレイアウトに比べると高価です。

キッチンカウンターの高さ

キッチンカウンターの高さは最もよく利用する方に合わせて設定するのが一般的です。
目安となるカウンターの高さは身長÷2+5cmで計算します。身長160cmの方だと160cm÷2+5cm=85cmとなります。カウンターの高さは5cm刻みで設定できるのが一般的ですが、1cm刻みで設定できるメーカーもあります。
今まで使っていたキッチンの慣れもありますので、実際にショールームで使い勝手を確認してみることをオススメします。

キッチンカウンターの高さの目安

ワークトップの素材

ワークトップの素材はステンレス、人工大理石など各メーカー様々な素材があります。お手入れのしやすさは各メーカーこだわっていますので、見た目の好みと価格の兼ね合いで選ばれる方が多いです。

ステンレスのワークトップの画像

ステンレスのワークトップ

耐熱性、耐久性、衛生面にも優れお手入れも簡単な為、一番オーソドックスです。
ステンレスのワークトップはどのメーカーでも取り扱いがあり、表面に凹凸の加工がされたエンボス加工やキズが入りにくく、汚れも落ちやすい加工が施された商品もあります。

人工大理石のワークトップの画像

人工大理石のワークトップ

リビングのインテリアとも合わせやすく、デザイン性に優れるので新築やリフォームでも人気です。
人工大理石といっても素材は石ではなくアクリル系やポリエステル系の樹脂で形成されています。
技術開発は進んでいますが、耐熱性が高くないので、熱い鍋を直接置くと変色などが起こる可能性があります。
アクリル系の人工大理石の方が、耐熱性、耐久性、汚れにくさともに優れています。

クオーツストーンのワークトップの画像

クオーツストーンのワークトップ

水晶を主原料として樹脂と混合して作られた人造石です。
水晶の比率が93%以上のものをクォーツストーン(エンジニアドストーン)と呼びます。天然石のような風合いで重厚で美しい質感が特徴です。
耐久性と耐水性を備えているので、ワークトップに適していますが、価格が高いものが多く、グレードの高いキッチンに採用されています。

セラミックのワークトップの画像

セラミックのワークトップ

焼き物ながらの独特風合いと高級感があります。
耐熱性に優れ、ステンレスよりも表面硬度が高いのでキズもつきにくいのが特徴です。食器と同じく汚れに強く、中性洗剤以外の洗剤も使用でき、研磨剤入のスポンジも使えるなどお手入れのしやすさも魅力です。
リクシルのリシェルに採用されているワークトップです。

シンクを選ぶ時のポイント

シンクの素材ですが、キッチンに統一感を持たせるためにワークトップの素材と同じものを選ばれる場合が多いです。
調理中に「もう少し広い作業スペースがあれば」や「ぬれたものをちょっと置ける場所がほしい」など思う事があると思います。
シンク選びで重要なのは、掃除のしやすさや耐久性はもちろんですが、機能性によってキッチンの使い勝手が大きく変化しますので、使い勝手も合わせて考えるのがオススメです。

クリナップ クリンレディの流レールシンク

クリナップ
流レールシンク

クリナップのS.S.やクリンレディに採用されている流レールシンクは、水の流る力によって、ゴミや汚れを手前の「流レール」に集めながら流していきます。流レールに入ったゴミは水流に押し流されて排水口へ集まる仕組みです。
シンク全体には美コート加工されているので、汚れも水流の力で一緒に流れてお掃除がラクラクです。

パナソニック リフォムスのPaPaPaシンク

パナソニック
PaPaPaシンク

作業に合わせて使い分けられる調理スペースやキッチンならではのぬれたものを仮置きできるスペースを設けています。スライドネットとマルチラックは使い方に合わせて自由に動かせます。
主婦の声から作られた、使い勝手の良さを追求したシンクです。
パナソニックのLクラスやリフォムスに採用されています。

タカラスタンダード 家事らくシンク

タカラスタンダード
家事らくシンク

タカラスタンダードの家事らくシンクは、「洗う」「調理する」「片付ける」をシンクの上で効率的に作業できるタカラの最新シンクです。
まな板の上にゴミポケットを設けたことで、作業効率と片付けのしやすさが抜群です。ゴミポケットの下は、排水口となっているので衛生面も安心です。
また、シンク内が3層構造になっており、まな板、水切りプレート、作業プレートなどを自由に配置できるので、キッチンワークが快適です。家事らくシンクはレミューに採用されています。

IHクッキングヒーターとガスコンロ

IHクッキングヒーターとガスコンロのどちらにしようか迷っている方もいらっしゃるかと思いますので、IHクッキングヒーターとガスコンロの違いについて簡単にご説明します。

まず火力ですが、ガスコンロの方が火力が強いというイメージがありますが、IHクッキングヒーターもガスコンロもどちらにもグレードがあり、グレードによって火力が異なるので、火力はグレード次第になります。
ガスコンロは実際に火が発生するので、熱気流が発生し、夏場はキッチンが暑かったり、気流によって油の飛び散りが広範囲になりがちな特性があります。
IHクッキングヒーターは使える調理器具が限られ、土鍋や中華鍋が使用できないので、料理にこだわる方はガスコンロを選ばれる方が多いです。
次に、お手入れのしやすさですが、最近のガスコンロもガラストップ天板を採用しているのでさっと拭き取るだけで汚れが落ちます。フルフラットな点を考慮するとIHクッキングヒーターの方がお掃除はしやすいといえます。
最後に安全面を比較してみると、最近のガスコンロにも立ち消え安全装置や加熱防止機能など安全に配慮された機能は充実してきていますが、火が出ないという面で、IHクッキングヒーターの方が安全だといえます。

パナソニックのマルチワイドIH

パナソニック
マルチワイドIH

一般的な3口コンロは三角形に配置され、奥のコンロは小さい鍋しか置けなかったり、調理がしにくく、使い勝手がよくありませんでした。
パナソニックのLクラスやリフォムスで採用されているマルチワイドIHは、鍋を4つ横並びで調理することができるので、どのコンロもすぐに手が届き同じように使えます。オーバル鍋など大型の鍋を使用する場合は、
加熱箇所を3口に変更できるので、調理の幅が広がります。
また、手前に作業スペースも出来るので、使い勝手は抜群です。

リクシルのひろまるコンロ

リクシル
ひろまるコンロ

リクシルのリシェルやシエラに採用されている、丸みのあるデザインに鮮やかなカラーリングが特徴のガスコンロです。デザイン性が高くシンクと合わせてポップなレイアウトが可能です。高火力で温度調節機能も搭載しています。

レンジフード

レンジフードはブーツ型と呼ばれる大きく囲むような形のレンジフードとスリム型と呼ばれるデザイン性に優れお手入れもしやすい2つにわかれています。ブーツ型に比べるとスリム型の方が高価名ものが多いです。
レンジフードの一番の難点はお掃除ですが、各メーカーもお掃除が簡単になるように素材や形状に工夫されています。
その中でも最新の自動洗浄機能を搭載したレンジフードをご紹介します。

クリナップの洗エールレンジフード

クリナップ
洗エールレンジフード

フィルターとファンをまるごと自動洗浄で、面倒なレンジフードのお掃除も指一本で終わります。給湯トレイにお湯を入れてスイッチを押すだけで自動洗浄。約10分で完了し排水トレイの水を捨てればお掃除完了です。

パナソニックのほっとくリーンフード

パナソニック
ほっとくリーンフード

使用後に電源をオフにすると、ファンが高速回転し、油汚れを吹き飛ばし専用のラクウォッシュプレートへ汚れを自動で集めます。ラクウォッシュプレートは年1回洗うだけで、10年間はファンの掃除が不要です。
エコナビも搭載で、自動で換気量を調節して省エネもバッチリです。

水栓を選ぶ

どのメーカーも節水やエコなどに配慮したシングルレバー水栓を採用しています。
最近では、センサーによって人の動きを感知し、自動で吐水と止水を制御してくれるセンサー水栓も人気があります。レバーに触れないですむので衛生的ですし、まだレバーに手が届きにくい小さなお子様でもお手伝いしやすくなります。
設置すると使い勝手も良くて満足度も高いセンサー水栓ですが、難点としてシングルレバーに比べると故障のリスクが上がり、修理費用も高くなりがちです。

センサー水栓

センサー水栓

パナソニックのトリプルセンサー水栓や、リクシルのハンズフリー水栓などがあります。手の動きなどでセンサーが認識し、作業をアシストしてくれます。
吐水と止水を自動制御してくれるので、従来のシングルレバー水栓よりも節水効果が期待できます。

浄水器

浄水器

浄水器には一体型ともう一つ浄水器専用の蛇口を設置する据え置き型があります。蛇口が2つあっても特に使いづらさを感じるという意見は少なく、1つの蛇口を浄水と水道水に切り替える方が手間だという方もいらっしゃいます。
浄水器の設置をお考えの方で、選ぶ基準としては浄水性能で選ばれると良いと思います。

キッチンリフォームの希望をリストアップしてみましょう

どの部分をどうリフォームしたいのかを具体的に考えてみます。まずは予算を抜きにして家族で、自由に意見を出し合ってみて、どんな部屋にしたいかイメージしてみましょう。

家族で一緒に料理作りを楽しめる広いキッチンやおしゃれな対面式の収納力抜群のシステムキッチン。
食器洗い洗浄機や自動洗浄レンジフードなどを備えた最新のシステムキッチンなど、十分に意見を出し合って、希望のリフォームの優先順位をリストアップしておくと、今後の打ち合わせなどもスムーズに進みます。
リフォーム後に、ああすれば良かったと思う部分が出てくるのは、使いにくい部分の洗い出しや事前の準備不足だった場合に起こりやすい問題ですので、家族みんなで意見を出し合ってみることをお勧めします。

キッチンリフォームの希望をまとめる

キッチンリフォームの注意点

システムキッチンの値段

システムキッチンといっても価格には幅があります。
同じような機能なのに価格が大きく異なるのは、材質に違いがあるからです。
例えばキャビネット扉の材質もグレードが分かれており、化粧シート加工のものが最もリーズナブルで、ステンレス、天然木と値段が高くなります。
また、壁付き型のキッチンに比べると独立したアイランドキッチンなど見える部分の広いタイプのキッチンはリビングの家具との調和させるために良い素材を用いるので、その分価格が高くなります。
カタログでは材質による違いはわかりくにいですが、実際にショールーム等で触ったり、見比べてみると違いがわかると思います。

家電の買い換えを考慮

今使っている家電にあわせてリフォームをした場合、今ある冷蔵庫のサイズよりも大型冷蔵庫に買い換えられないというケースが存在します。
家族が増えて大型の冷蔵庫に買い換えたくても入るスペースが無い場合や、冷蔵庫とは別にフリーザーを置きたいけど、置くスペースがないといったケースもあります。
キッチンリフォームをする際はスペースに余裕をもたせるなど、数年先を考慮したリフォームにすると、後の変化にも対応できるキッチンになります。

大きなキッチンにしたつもりなのに

コンロを3口タイプのものにし、シンクも大型に変更し使い勝手が良くなるはずなのに、シンクやコンロを大きくした分調理スペースが狭くなってしまい使いにくくなったというケースもあります。
部屋の広さに余裕があって、もともと取り付けてあったキッチンよりも大きいサイズに変更できる場合はそういった心配はありませんが、同じサイズでシンクやコンロを大きくする場合は注意が必要です。
使い勝手の良いキッチンにするためには、調理スペースの横幅は45cm以上確保することをオススメします。

ゴミ箱置き場

近年ではリサイクルの技術とエコの観点から、ゴミの分別化が進んでいます。分別するのゴミの種類に合わせてゴミ箱を設置するスペースを確保することも大切です。
収納や家電製品の位置に気を取られすぎてゴミ箱を置くスペースが無くなっては、せっかくのリフォームが台無しになってしまいます。
お住まいの地域によって、分別が異なりますが、今後も分別の種類が増える可能性も考慮したスペース確保がオススメです。

コンセントの数と位置

冷蔵庫や炊飯器、電子レンジはもちろん、トースターやミキサー、コーヒーメーカーなどキッチンは電化製品を利用する頻度が非常に高い場所です。
リフォームに伴い電化製品の設置場所を変更すると、コンセントが以前のままだと使いにくくなる場合があります。
今後も電化製品が増えることを考慮して、コンセントは増設し、余裕を持った電力を確保することをオススメします。

お気軽にお問い合わせください

この度は、リフォネ大分本店のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
リフォームに関するご相談や商品に関する事など、ご相談・お見積もりは無料です

電話でのお問い合わせは0120-697-006

【営業時間】 10:00〜18:00(水曜日定休)

メールでのお問い合わせはこちらから

【24時間受付中】

リフォネ大分本店

リフォネ大分本店

〒879-7761

大分県大字中戸次5879-1

リフォネ大分本店

TEL:097-548-8185/FAX:097-548-8186

Copyright © 2014-2016 Re・fo・ne. All rights reserved.