大分のリフォーム・増改築 | あんしんリフォームネットワーク リフォネ大分本店

取扱いメーカー

リクシル、TOTO、ウッドワン、タカラスタンダード、クリナップ

カード決済可能

マスターカード、VISA、楽天カード

営業時間

10:00〜18:00

水曜日定休

お電話でのお問い合わせ

0120-697-006

メールでお問い合わせ

お電話でお問い合わせ

受付:10時〜18時(水曜定休)

メールでお問い合わせ

受付時間:24時間受付

屋根・外壁塗装リフォーム

屋根の張替えや外壁塗装って本当に必要?

お家の外壁塗装の塗り替え時をご存知でしょうか?
業者によって多少異なりますが、一般的におよそ10年が目安と言われています。
目に見えて被害があるわけでも無いのでまだ必要無い、そもそも外壁塗装や屋根張替えは必要無いとお考えの方もいるのでは無いのでしょうか?
もし、そうお考えでしたら屋根・外壁塗装の重要性を誤解しています。

若い夫婦の画像

外壁・屋根塗装の重要性を誤解しています

外壁や屋根は、お風呂やキッチンなど住宅設備を違って毎日使う部分では無いので、劣化に気づきにくい為に、外壁塗装や屋根塗装などの外装リフォームを考える方は多くありません。
雨漏りや構造に深刻なダメージが出てようやく外壁・屋根のリフォームを検討される方もいます。

雨漏りは末期症状

雨漏りや天井や壁にシミができている場合はかなり深刻な状況です。
家の中まで、水が入り込んでいるということは、柱や屋根材などにも水が浸透し腐食が始まっています。
構造上に重大なダメージがおよんでいることが想定されるので、大規模な改修工事が必要な状態です。

外装リフォームは簡単にできるリフォームではありませんが、節約のつもりで、屋根の張替えや外壁塗装を怠ると、結果として外装リフォーム
だけではではおさまらず、非常に高い損失になります。

外壁塗装は家を守るもの

外壁塗装や屋根の塗装には見た目の美しさという面もありますが、最大の目的は家を紫外線や雨風から守るバリアー機能です。
家の素材である木材など様々なものを劣化させる水は家にとって最大の敵と言えます。
構造内部に浸水すると、柱などを腐食させ、湿気の多い場所はシロアリの住み家になる可能性もあります。
屋根や外壁塗装は、大切な住まいを守るのに欠かせない、建物の寿命を延ばす為のものです。

まずは簡単な自己診断をしてみましょう

コケやカビが付着している

外壁コケ付着画像

北側日光が当たらない外壁にカビやコケが付着していたり、雨どいの周りや、雨が降ると水が集まって壁面を流れ落ちる部分には、汚れなどが、付着しやすく、部分的に黒くなってしまいます。
表面に付着しているだけなので、お家自体にダメージを与えるものでは、ありませんが、外観を損なってしまっています。
すぐに外壁のリフォームを考える必要はありませんが、気になるようでしたら、ご自分で清掃してみたり、清掃を依頼を検討してみてはいかがでしょうか?
ご自分で、清掃する場合の注意点ですが、高圧洗浄機を使用する場合は、水圧が高すぎると、外壁の塗装を剥がしてしまったり、素材を破損してしまう場合がございますので、十分な注意が必要です。

外壁にツヤがない

外壁ツヤなし画像

紫外線や雨風の影響を受けて、塗装の塗膜にダメージを受けて塗装本来の防水性や表面の保護機能が低下している可能性があります。
外壁材の防水性が失われると、雨や湿気を吸収してしまい、ダメージを受けてしまいます。
外壁にツヤが無くなっていることを、築年数による見た目の劣化と考えている場合は危険ですので、早めに外壁の診断を受けるなどの対応が、オススメです。

外壁のチョーキング

外壁チョーキング画像

外壁を擦るように手で触ってみます。すると手に白い粉が付着した場合は、チョーキング現象が起こっている可能性があります。
紫外線や雨、風によって塗装の表面が劣化し、粉状になって塗装の性能が低下し、保護性が失われつつあります。
この状態を放置すると、外壁にヒビが入ったり、更なる問題に発展する可能性があります。
外壁材にダメージを与えないうちに塗装工事をすることをオススメします。

外壁のひび割れ

外壁ひび割れ画像

外壁面の細かい傷があり、浅い傷はヘアークラックやチョッキングと呼びます。
更に深くまでひび割れて、下塗りや外壁素材までにヒビが達している場合は、クラックやクラッキングと呼びます。
ヒビから雨水などが染み込み、構造内部を腐食させたりするとても危険な状態です。
最悪の場合外壁だけでは無く、柱や下地などの補修が必要になる場合が、ありますので、すぐに外壁診断や塗装工事を検討することオススメします。

塗装がはがれる

外壁塗装が剥がれている画像

外壁塗装がほとんど機能していないほど劣化している状態だと思われます。
はがれている部分は、雨風によって水分が内部へと入り込み、下地に直接ダメージを与えている可能性があります。
雨水が直に下地と触れることで、下地が水分を含み、更に剥がれ落ちる範囲が広がっていきます。
放置すると家の構造にも深刻な影響を及ぼしてしまうので、すぐに外壁塗装工事を検討することをオススメします。

シーリング(コーキング)の劣化

コーキング劣化画像

シーリング(コーキング)とは外壁材(サイディング)の継ぎ目の部分を埋める合成樹脂や合成ゴム製の部分です。
雨水の浸入を防ぐ重要な役割を持っていますが、対応年数は3〜5年と短いので外壁部分だけではなく、シーリング(コーキング)のチェックも必要です。
ひび割れや剥離などの現象が起こると役割が果たせなくなり、隙間から雨水が浸入してしまい、建物内部が腐食してしまいます。

外壁劣化の危険度

外壁劣化危険度の画像

屋根・外壁リフォームは家を守る為に必要です

キッチンやお風呂などの室内リフォームは、使い勝手の向上や見た目を良くする為に行われます。
屋根や外壁は、室内リフォームとは異なり、家を守る為には決して欠かせないものです。
まずは、お家の外装の状況を確認して、現状を把握することが大切です。

お気軽にお問い合わせください

この度は、リフォネ大分本店のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
リフォームに関するご相談や商品に関する事など、ご相談・お見積もりは無料です

電話でのお問い合わせは0120-697-006

【営業時間】 10:00〜18:00(水曜日定休)

メールでのお問い合わせはこちらから

【24時間受付中】

リフォネ大分本店

リフォネ大分本店

〒879-7761

大分県大字中戸次5879-1

リフォネ大分本店

TEL:097-548-8185/FAX:097-548-8186

Copyright © 2014-2016 Re・fo・ne. All rights reserved.