Loading...

リフォネ 大分

tel.0120-697-006
営業時間 10:00〜18:00(定休日:水曜日)
お問い合わせCONTACT24時間受付中!!
MENU
COLUMNコラム

トイレの壁紙クロスをリフォームして模様替えしてみませんか?

2022.12.25

トイレの壁紙クロスをリフォームして模様替えしてみませんか?

みなさんは、トイレの壁紙に意識を向けたことはありますでしょうか。
毎日使用するトイレですので、心休まる空間にしたいものですよね。
トイレの壁紙を変更するだけで、トイレのイメージとは大きく変わります。
壁紙クロスのリフォームにて、今までと違ったものとすることでトイレの模様替えのように気分を一新できるではないでしょうか。
また、壁紙クロスのデザインもそうですが、さまざまな効果を持っているものにすることで、より一層トイレを快適に使うことができるのです。
本記事では、トイレの壁紙クロスに関するさまざまな内容について詳しく解説します。

トイレの壁紙クロスの選び方

トイレのクロス張替え

 

トイレの壁紙クロスを選定する際は、「トイレ」という空間を正しく認識する必要があります。
トイレは、住宅内に置ける他の空間と比較すると比較的汚れやすい環境にあると言えます。
また、あまり広くない面積であることが多いため圧迫感などにも配慮しなければなりません。
ここからは、トイレの壁紙クロスの選び方について詳しく解説します。

色について

トイレは住宅内においてリビングなどと比較すると狭い空間で構成されています。
そのため、トイレ使用中において狭い空間であることを必要以上に感じさせないことを目的として、明るい色を選択すると良いでしょう。
トイレは使用用途を考慮すると汚れやすい空間であることから、基本的には「汚れがあまり目立たないもの」を選択することがベストであると言えます。
汚れだけに着目すると、黒色などのダーク系に寄せることで目的を達成することができますが、どうしてもトイレ空間が暗くなってしまうことや圧迫感が生じてしまうことが懸念されます。
トイレの空間を狭く感じさせないための「明るい色」と汚れを目立たせないための「暗い色」の相反した思想に基づいて選択しなければならないため、非常に洗濯が難しいと言えるでしょう。
そこでおすすめなのが、ベージュおよびアイボリーといった単調的かつある程度の明るさを演出できる白が良いと言えます。
また、暗くなりすぎないグレーおよび淡い色合いを強調した水色なども良いと言えるでしょう。
このように、空間の圧迫感と汚れの目立ちにくさを考慮した絶妙な色合いのものを選択されることをおすすめします。

柄について

上述したようにトイレの壁紙においては、空間の圧迫感と汚れの目立ちにくさを考慮した絶妙な色合いが重要であると言えます。
壁紙の種類は多種多様であり、単色のものもあれば柄を採用したものもあります。
柄物を選択する際は、トイレ空間の狭さを考慮すると「大きめの柄」では圧迫感を強調してしまうことから、あまりおすすめはできません。
壁紙に採用されている柄が大きいことによって、トイレ空間がより一層狭く感じてしまうためです。
そのため、トイレの壁紙に柄ものを採用するときはワンポイントで柄が採用されているものがおすすめであると言えるでしょう。

トイレの壁紙クロス張替えの費用

クロス張替えの費用

トイレの壁紙クロスを張り替える際は、張替費用が発生するためどの程度の予算が必要なのかを事前に把握しておく必要があります。
トイレの空間は住宅によって使用されている面積が異なるため「トイレの壁紙一式いくら」といった費用で表すことはできません。
そのため、1m2あたりといったm2単価を用いて事前に把握することをおすすめします。
m2単価はトイレの壁紙クロスのグレードによって異なりますが、一般的に市場に出回っているものであれば、約1,000から1200円程度が相場であると言えます。
また、耐水性・撥水性・消臭機能といった、トイレの壁紙クロスにさまざまな付加価値を与えたグレードの高いものでは約1,500から2,000円程度が相場であると言えるでしょう。
また、上述したように壁紙クロスの単価だけではなく、クロスを張り替えるための「工賃」も費用として発生します。
工賃としては、3畳程度の広さまでであれば大きな差異はありませんが、一般的に約3万から4万円程度が相場となっています。
なお、上述したm2単価はあくまで一例ですので、施工するリフォーム会社によっても費用は異なります。
壁紙クロス張替えに要する費用はリフォーム会社より見積書で提示されますが、1社だけの見積もりでは提示された金額が適正であるかどうか判断が難しいと言えます。
見積もりをお願いする際は1社だけに限定するのではなく複数社にお願いする相見積を取得することで提示された費用が適正かどうかの判断材料となりますので、相見積の取得をおすすめします。

最新のトイレ壁紙クロスの機能

トイレクロスの機能

トイレの壁紙クロスを選択する際は、色や柄などによってトイレのイメージが大きく変わるため慎重に選ばなければなりません。
しかし、最新のトイレの壁紙クロスでは色や柄の種類が用意されているだけではなく、さまざまな付加価値が付与されているものもあります。
毎日使用するトイレであるからこそ、快適に使用するためにはそれら付加価値についても考慮する必要があると言えるでしょう。
ここからは、最新のトイレ壁紙クロスの機能について詳しく解説します。

消臭機能

トイレの使用用途を考慮すると、臭いが気になる空間であると言えるでしょう。
臭いの付着について考慮すると、便器本体もそうですがトイレの壁紙にも臭いは付着するものであるとご認識ください。
匂いが気になる空間であるからこそ、トイレの壁紙クロスの付加価値として消臭機能が付与されているものを選択すると良いでしょう。
市場で展開されているさまざまな壁紙には、消臭および抗菌機能が付与されているものがたくさんあります。
原理としては、トイレの壁紙クロスのトップコートとして消臭剤が塗布されており、トイレ内で発生する臭いに対して化学反応が発生し、臭いの消臭および吸着を促してくれるのです。
なお、消臭および吸着効果は約5年から10年程度は維持できるものが多くなっています。
また、採光窓より入って来る紫外線を利用して消臭効果を発現するものや、マイナスイオン効果が期待できる壁紙クロスもあります。

汚れ防止機能

トイレは日常的に掃除などを行っていても、がんこな汚れなどは強固に付着して取れないこともあります。
がんこな汚れは便器本体だけでなく、トイレの壁紙クロスにも付着するのです。
そのため、トイレの壁紙クロスとして選択するものは汚れ防止機能が付与されたものが良いと言えるでしょう。
原理としては、壁紙のトップコートとしてラミネート加工をすることや、デザインそのものを凹凸があるものとすることで汚れの付着を防止します。
これらを採用することで、日常的な掃除の負担を軽減することも期待できるでしょう。

防カビ機能

トイレは水洗式を採用していることが多いため、湿気が溜まりやすい空間であると言えるでしょう。
そのため、湿気を起因としてカビの発生および結露が生じることが想定されます。
それらの事象に対して適切に対応するため、トイレの壁紙クロスに吸放湿機能が付与されているものを選択すると良いでしょう。
吸放湿機能があることで、過剰な水分を吸収することができ、乾燥時には水分を放出することが可能であるため、湿度を適切に保つことができます。

まとめ

トイレのクロス交換工事後

快適に使用するためには上述したような多方面からのさまざまな観点により、どのような壁紙クロスを選択すると良いのか考えることが重要であると言えます。
本記事が、お客さまがリフォームによって快適にトイレを使用する際の一助となれば幸いです。

RELATED ARTICLE関連記事